吃音・非流暢 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

吃音・非流暢

吃音・非流暢

以下は、プライベートレッスンの例です。このほかの内容もあります。お子様によって異なります。

柔らかく声を出すために

・息遊びを行います。息をコントロールすることは、発声をコントロールすることにも繋がります。
・年齢に応じて口腔器官の作りや動き(音の作り方)についても学びます。音の作り方を知ることが、安心感に繋がる場合もあります。

滑らかに声を出し続けるために

・短い文、長めの文章、短歌や詩のようにリズムがあるものやマンガ等を用いた音読練習を行います。
・話す速度を調整したり、自分の声をよく聞きながら話したりする活動も取り入れます。

吃音について知るために

・児童向けに書かれた絵本、パンフレット、ウェブサイト等を一緒に読んでいきます。国内のものだけでなく、海外のものも用います。

自分の言葉について話す機会の保障

・体調を話題にすることと同じように言葉についても話題にしていきます。
・自分の言葉について自分で説明し、必要に応じて相談できる基礎になります。
・年齢に応じて、パンフレットやリーフレット等を作成する活動も行います。
・周囲への対応について考える活動
・こんなときどうする?を先輩のお兄さんお姉さんたちの体験談や実際にご本人に起きたことをもとに考えていきます。

環境の調整

・お子様へ関わる大人の方々へ吃音について知っていただくための情報を提供いたします。
・お子様へ関わる時の関わり方についてご提案をいたします。

児童期ですので、吃音だけでなく、言語面・学習面に何らかの「こうなったらいいな」があるお子様も多くいらっしゃいます。そのような場合は、上記の内容に加えて、言語面・学習面へのアプローチも行います。

PAGETOP
ページトップヘ