成人の方からの、ご相談につきまして | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

BLOG

LD・ADHD・ASD

成人の方からの、ご相談につきまして


コロナ禍、成人の方からの、お問い合わせも続いています。

支援室の対象年齢は0歳から15歳で、15歳までのどこかでご利用いただいた方は、16歳以上になった後も、ご相談を承っています。

ですから、成人の方から、お問い合わせがあったときは、原則、他機関のご利用をお勧めしています。

けれども、これまでもいくつかの機関にお問い合わせをされていたり、いくつかの機関をご利用した後の場合は、内容とスケジュールによって承っています。

子どもたちのご利用がない時間帯です。

※検査は承っていません。

年齢に関係なく、そして、診断があってもなくても、自身の特性と正面から向き合い進んでいくことは、簡単なことではないと思います。

描いていた生活ではなく、予想もしていなかった生活の中で過ごしていくことも、易しいことではないと思います。

とにかく、心身ともに、相当にエネルギーを使うことだと思います。

そして、何かしら打開策を見つけようと動き始めても、働きながら生活している方が、支援を継続して受けられる場所は、多くはないと思います。

特に、読み書き関係は、少ないように思います。

「(読み書き関係の)診断があります。相談にのっていただくことはできますでしょうか。」

「大人なのですが、フォニックスを教えてもらうことは可能でしょうか。」

対象年齢は分かった上で、お問い合わせをされる方は少なくありません。

特別支援教育が全国的に展開し始めてから、まだ10数年です。

生まれた年によっては、自身の特性に気付く機会もないまま、社会へ出た人は少なくないのでは、と思います。

そして社会の中で生活していく過程で、様々なことが起こり、もともとの困難さが捉えにくくなっていることも、あります。

早期対応が奨められていますが、何歳からでも、何か始めよう、と思ったときの早期が一番大切だと考えています。

こんなところもありますよ、という他機関の情報含め、私が提供できるものの中で、お伝えできることがあればお伝えしますし、難しければ難しいとお伝えします。

起こしていただいたアクションには、何かしらお応えしたいと考えていますので、お一人で悩み過ぎないよう、願います。

にほんブログ村 特別支援教育

DIVERSE・ダイバースは子どもたちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取扱い事業者です。

支援室の様子:初めての場所への不安軽減の一助にと作成した動画です

一覧ページへ戻る
<< オンライン・訪問・来室_安心できる方法を、お選びください
新規の受付をお休みしています >>
PAGETOP
ページトップヘ