仕事始め、猫カフェから | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

BLOG

LD・ADHD・ASD

仕事始め、猫カフェから


いつも通りの支援室、スタートしました。

説明する力も雑談する力も高くなった子と猫カフェに行くことからのスタートでした。
(猫カフェに行くことになった理由はブログの後半をご覧ください)

私に分かるように道を案内してくれ

ランチで入りたいお店に数十分並ぶことになったものの、雑談したりスマホを見たりしながら過ごすことができ

パスタをほおばりながら「先生とも楽しいね。ママとも楽しいけど。」と嬉しくなる言葉までかけてくれ

どんどんお姉さんになっていっていることを感じさせてくれました。

※以下の文はInstagramと同じです。

仕事始めでした。

私にとっては、人生初の猫カフェ、からスタートしました。

支援室では、お子様によっては、ある課題に継続的に取り組み、設定した以上の成果が出たら、好きなことができるシステムを取り入れています。

大きくなったとき、自分で自分へのご褒美を設定して、その時々の課題と向き合ったり、踏ん張ったりできるようになってほしいという願いも込めています。

私も、大きなプロジェクトを終えたら食事に行ったり(飲んだり、ですね)、どんなに仕事が続いていても、好きなところへ行って心身ともに休めたりしています。

この書類を書き終えたらチョコレートを食べよう、とか、今日はちょっと高い珈琲を飲んでみよう、なんてことは、しょっちゅうです。

猫カフェは、ある子がとても行きたがっていたところです。

できることなら避けたいような、でも必要な課題に向き合って、コツコツ取り組み続けた数ヶ月間へのご褒美でした。

猫カフェの後、その子が検索して見つけたパスタ屋さんへも行きました。行列ができていただけあり、とても美味しかったです。

そして、行きも帰りもニッコニコのその子の様子、とても嬉しかったです。

にほんブログ村 特別支援教育

note マガジン「言葉の発達とその支援」No.1~No.8

Twitter つぶやいたり、いいなと感じた記事をシェアしたりしています。

Facebook DIVERSE・ダイバースのFacebookページです。

Instagram DIVERSE・ダイバースのInstagramです。レッスン中の1コマを投稿することもあります

Instagram フリーランスとしての松浦の日常を投稿しています。ご家庭を訪問させていただくことも多いので、どんな人なのか少しでもお伝えできたらと続けています。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会会員(会員番号:000081)

一覧ページへ戻る
おやつやお茶が学習の妨げになったかどうかも振り返る >>
PAGETOP
ページトップヘ