ひらがなを教える順番_例 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

BLOG

LD・ADHD・ASD

ひらがなを教える順番_例


ひらがなを教えていく必要が出たとき、どのひらがなからスタートするのかは、ケースバイケースなのですが、

1音で意味がある音に対応する文字からスタートすることが多いです。

め(目)、て(手)、は(歯)などです。

その次ですが、2音目に「ん」がつく言葉を使って「ん」に進むこともありますし、

まま(ママ)、もも(桃)のように、同じ音が2回続く言葉に対応する文字に進むこともあります。

ひらがなは1音1文字が原則なので、読みが困難な子どもたちでも、正確さは高まっていくことが多いですが、

その子がつかみやすい音と文字からスタートすることは、負荷を減らす意味で大切だと考えています。

濁音、半濁音、拗音、促音だから難しい、のようなことが、目の前の子どもに当てはまるとは限りません。

歌をうたうように、あいうえお、かきくけこ、を順に唱えている子の場合には、あいうえお表の順に扱うこともあります。

音と文字とを結びつける方法も人それぞれです。こちらも、毎回、試行錯誤です。

DIVERSE・ダイバースは子どもたちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取扱い事業者です。

支援室の様子:初めての場所への不安軽減の一助にと作成した動画です

にほんブログ村 特別支援教育

一覧ページへ戻る
オンラインの練習 >>
PAGETOP
ページトップヘ