オンラインの練習 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

BLOG

言語発達

オンラインの練習


同じ室内ですが、パソコンとタブレットを使って、それぞれ、Zoomにつなぎ、

紙とえんぴつを使って取り組んだ課題の中で、確実なものを選び、オンラインにて実施中。

急な変化に何とか対応できる子どもたちばかりではなく、

また、何か1つ身に付けるのに、時間が必要な、発達がゆっくりな子どもたちもいます。

教わる方法を含めて、変化への対応に支えが必要な子どもたちの中で、オンラインでも大丈夫そうだと判断した子どもたちへは、準備を進めてきました。

タブレットに指やペンで書くこと、言葉での指示を手がかりに基本的な操作をすること、画面越しにお喋りをしてみること、そして、これまで取り組んだことがある課題にオンラインで取り組んでみること、

少しずつ少しずつ。

「前のお休みのときは(全国一斉休校のときは)、ぼくできなかったけど、今度お休みになったら、できるね。」

選択肢が増えると、迷うことも増えますが、安心感も増えます。

バーチャル背景も存分に楽しんで帰って行きました。

にほんブログ村 特別支援教育

DIVERSE・ダイバースは子どもたちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取扱い事業者です。

支援室の様子:初めての場所への不安軽減の一助にと作成した動画です

一覧ページへ戻る
<< ひらがなを教える順番_例
1音・1文字で意味が変わるからこそ、1音・1文字を正確に捉える力は大切 >>
PAGETOP
ページトップヘ