知らなくても生活できることにも触れる理由 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

BLOG

言語発達

知らなくても生活できることにも触れる理由


知的な発達の程度にかかわらず、既知のことをもとにしながら、未知のことに向き合ったり、取り入れたりする力をつけることは、大切なことの1つだと考えています。

例えば、電流の流れ、線のつなぎ方などは、知らなくても生活できるのですが、これまで知らなかったことを理解していく、という機会の1つにはなっていきます。

「へえ!」

「ソケットっていうのか、知らなかったよ。」

「スイッチって、中はこんなふうになっているのか。」

「(線を)うまくまかないと、動かないの?」

「これ、持って帰ってもいい?」

「家でも(続きを)やっていい?」

発達がゆっくりの場合、自立に必要な具体的なことが優先されますが(←これはこれで大切です)、理解したり作業したりすることに、過度な負荷がかからなければ、日常生活では使わないだろうと考えられることにも、たくさん触れて良いと思っています。

にほんブログ村 特別支援教育

DIVERSE・ダイバースは子どもたちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取扱い事業者です。

支援室の様子:初めての場所への不安軽減の一助にと作成した動画です

一覧ページへ戻る
<< 1音・1文字で意味が変わるからこそ、1音・1文字を正確に捉える力は大切
ご利用いただいているお子様とランチやカフェに行くことがあります >>
PAGETOP
ページトップヘ