支援者向けのセミナー・スタートしました | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

ブログ

支援者向けのセミナー・スタートしました


支援者の方向け、記事です。TwitterとInstagramで少し、個人向けの研修をスタートした旨をつぶやいたところ、お問い合わせが続きました。なかなかアウトプットできない環境の中で、インプットを進めようと考えた方が多いのかもしれません。お一人ずつメールを返信しながら、「このページを見てください」とうご案内ページがなかったことに気付き、このブログを書いています。

昨年度のセミナーを終了してから、次の開催はいつ頃ですかというお問い合わせをいただいておりました。お問い合わせいただいた方々へは、2月上旬にはご案内を出しますと、お伝えしておりましたが、その後、描いたこともなかった日常が始まりました。

オープンな案内を出すことがないまま、ここ数ヶ月、そして今後の状況を、いろいろと考えて、内容をそれぞれカスタマイズし、マンツーマンでスタートしました。

お問い合わせいただいた方々と、対面あるいはオンラインで無事にお会いすることができたことは、自粛生活が続いた後(まだ続いていますが)のうれしい出来事の1つです。

下記の内容が、私がご提供できる主な内容です。受講の目的によって、カスタマイズしています。

【内容】

A:ことばとは?ことばの捉え方とことばの発達の様相(60分×2~4回)
 子どものことばの支援に携わり始めて5年目くらいまでの方向けの内容です。言語の4側面とその発達、言語に弱さがみられる場合の子どもの様子、などに触れています。
 新人教育やスーパーバイズの参考として、中堅のポジションに就いている方、就学前の機関や小中学校などへ巡回されている方が受講される場合もあります。 

B:幼児・児童期の読み書きへの支援(60分×2~3回)
 読み書きが困難になる背景や、その背景を絞り込むためのアセスメント(面談・観察・検査など)について触れ、具体的な支援をご紹介します。

C:幼児・児童期の吃音を含めた非流暢さへの支援(60分×2~3回)
 発話が非流暢になる背景や、支援方針を絞り込むためのアセスメント(面談・観察・検査など)について触れ、具体的な支援をご紹介します。

D:幼児・児童期の構音の支援(60分×2~3回)
 構音指導が初めての方に、いろいろな音の出し方の例をお伝えしています。

E:幼児・児童期の言語発達全般への支援(60分×2~4回)
 Aでも少し触れますが、音韻、意味(語彙)、統語(文法)、語用それぞれについて、アセスメント(面談・観察・検査など)について触れ、具体的な支援をご紹介します。

F:幼児・児童期のアセスメント(60分×2~)
 ケーススタディです。表面に見えている言動の記録から、下記のように、答えがあるようでない問いを立てて、進めていきます。

 自分自身が観察するとしたら、まず、どのような観点で観察するのか・それはなぜか
 自分自身が検査をするとしたら、どの検査を最初に実施するのか・それはなぜか
 自分自身が面談をするとしたら、誰にどのようなことを聞くのか・それはなぜか

G:上記以外
 内容によりますが、ことばの発達や学習支援に関することで、上記以外のことに関して、お受けしています。

【ご利用時間・ご利用料金につきまして】

・日時は1回ずつご相談しています。
  
・研修時間は、支援室にお越しいただく場合は120分~、オンラインの場合は60分~です。以降10分刻みになります。支援室は渋谷区内にあります(京王新線幡ヶ谷駅から徒歩3分)。オンラインはZoomかSkypeを使用しています。

・料金は10分1000円+消費税です。支援室にお越しいただく場合は1回あたり12000円+消費税~、オンラインの場合は1回あたり6000円+消費税~となります。1ヶ月ごとに、ご請求書を送付いたします。

ご希望の方は、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

【その他】

・ご希望により、松浦の大学での講義資料「生涯発達心理学(誕生~思春期)」の閲覧が可能です。全13回、1回あたり1100円です。現在「改めて学ぶ発達心理学(仮)」を準備中です。

 

にほんブログ村 特別支援教育

DIVERSE・ダイバースは子どもたちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取扱い事業者です。

 

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会会員(会員番号:000081)

 

一覧ページへ戻る
<< オンラインレッスンあれこれ
支援終了後のお付き合い・高校生と分身ロボットカフェへ行きました >>
PAGETOP
ページトップヘ