実践報告・研修会講師等 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

実践報告・研修会講師等

実践報告

遠藤俊介・瀬川幸子・松浦千春・田中裕美子.(2017).ナラティブ「かえるさんどこいったの」を用いた言語評価・指導3:言語発達障害のある小2指導例.第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会,一般演題(口頭発表)1-H-3.

松浦千春・薄洋介.(2016).発達障害がある児童への言語の評価と支援Ⅰ:広汎性発達障害がある児童への言語の観点を加えた評価.日本LD学会第25回大会,ポスター発表PA3.

薄洋介・亀山千春.(2015).読み書きに困難さがある児童へのことばの教室における指導実践例:WISC-ⅣとKABC-Ⅱを支援へつなげる.日本LD学会第24回大会発表論文集,473-474.
         
亀山千春.(2012).WISC-Ⅳを生かして支援に活用できる力を見つけ、支援の方針を絞る.LD,ADHD&ASD(明治図書),43,28-31.
         
亀山千春・佐貫勢津子・西村薫.(2012).読み書きの困難さと構音の誤りを主訴に通級を開始した児童への支援:2事例における言語発達の捉え方とその指導.第41回全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会全国大会神奈川大会分科会発表集録,23-26.

亀山千春・佐貫勢津子・嘉藤紀子.(2011).読み書きへの支援が必要な児童へのきこえとことばの教室のアプローチ:WISC-Ⅳを実施した事例を通して.日本LD学会第20回大会発表論文集,608-609.

田附松代・中熊壽子・亀山千春.(2007).特異的LD児に対するきこえとことばの教室の役割.日本LD学会第16回大会発表論文集,478-489.

長崎勤・山田明子・亀山千春.(2000).ダウン症児における「心の理解」の学習可能性の検討:工作の共同行為ルーティンによる「他者の欲求意図を尋ねる」ことの指導をとおして.特殊教育学研究,38(3),11-20.

長崎勤・松浦千春.(1999).幼児は他者の欲求意図をどのように理解するか?日本発達心理学会第10回大会論文集,433.

松浦千春・長崎勤.(1996).2歳児母子間における「過去の出来事」に関する会話について:子供の発話を促す母親の働きかけの特徴.日本特殊教育学会第34回大会発表論文集,406-407.

研修会講師・支援者支援等

「ことばを育む親子のかかわり」:ことばの発達過程と支援の形
 2017年.武蔵野市.子育て支援講座

「ことばを育む親子のかかわり」
 2017年.東京都内・小学校・保護者様対象学習会

「通常学級における特別支援が必要な児童への対応」
 2016年.東京都内・小学校・校内研修(教職員)

「発達障害の理解と指導について」
 2016年.東京都内・10年経験者研修(教職員)
     
「ことばを育む」
 2016年.東京都内・通級指導学級(難聴・言語)・保護者様対象学習会
     
「言語発達に課題のある児童の評価と今後の支援について」
 2016年.東京都内・通級指導学級(言語)

「ワーキングメモリーが弱い児童のアセスメントと支援について」
 2016年.東京都内・通級指導学級(難聴・言語)

「読み書きに困難さがあるる児童のKABC-Ⅱの解釈と支援について」
 2015年.東京都内・通級指導学級(言語)

「WISC-Ⅳの読み取りから難聴・言語障害への障害特性に応じた指導・支援について」
 2015年.東京都内・特別支援学級研修会(難聴・言語障害)
         
「言語発達・指導法」
 2015年・2014年・2013年.東京都公立学校難聴言語障害教育研究協議会・基礎研究会
         
「WISC-Ⅳの概要について」
 2012年.東京都内・難聴・言語障害教育研究協議会

「ことばの検査」
 2008年.全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会夏期全国研修会「はじめのいっぽ2008」講座Ⅲ

PAGETOP
▲ PAGETOP