『ck』なのか『k』なのか・綴りの原則を知ることは丸暗記の負担を減らす | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

2018.11.06 LD・ADHD・ASD

『ck』なのか『k』なのか・綴りの原則を知ることは丸暗記の負担を減らす


単語の中に、どんな母音が含まれると『ck』を使うことが多く、どんな母音が含まれると『k』を使うことが多いのか

同じ文字が2つ続いていたら、どのように読むことが多いのか

単語の最後の文字が『e』の場合、その単語の中の母音はどのように読むことが多いのか

丸暗記する必要がある単語が存在するのは前提ですが、ルールを知ることで、丸暗記の負担は減ります。

ルールを伝え、そのルールを使うように促し、ルールが適用されない単語は取り立てて学習していく。

平行して授業の進度に合わせて教科書の中の文にも触れてみる。

読みや聞こえ方等に支援が必要な中学生への英語の学習支援は、フォニックス(ジョリーフォニックスを使っています)と教科書に触れることとの、二本立てになることが多いです。

にほんブログ村 特別支援教育

note 発達支援・いろいろ

Facebook Matsuura Chiharu

・・・・・・・・・・

ことばの支援者・ステップアップセミナーの配布資料閲覧グループの説明はこちらです。→こちらへ

・・・・・・・・・・

■ことばの支援者・ステップアップセミナー■

お申し込み受付中です。

ご案内:学齢期のことばの支援【話し言葉編】(PDF)

こくちーず経由でもお申し込み可能です。

こくちーず:学齢期のことばの支援【話し言葉編】

 

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取り扱い事業者です。 cfc_logo02

※生活保護世帯等が塾等に使用できるクーポンや助成金等の対象事業者として認められているケースもございます。ケースバイケースですので、お住まいの自治体の相談窓口へ、ご確認ください。

PAGETOP
▲ PAGETOP