文字の読み・キーワード法 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

2018.03.03 LD・ADHD・ASD

文字の読み・キーワード法


文字と読みとが結び付きやすいように、「あひるの、あ」「いるかの、い」のように覚えていく方法は、子供の玩具や、あいうえお表等で、よくみられます。

その音が使われている言葉を用いるこの方法は、キーワード法と呼ばれることもあります。

支援が必要な子供たちに、キーワード法を使うとき、私は、できる限り子供たちの口から出てきた言葉を使います。イラストもできる限り一緒に選びます。

その方が、ご本人の、その音のイメージにより近く、定着が促されやすい、と考えるからです。

あんこの、あ
そばの、そ
たこやきの、た

等々

今回も、一緒に楽しく作成しました。
これから読める文字が増え、文字を通して楽しめるものも、心が動くこと、などが増えていきます。

お子様のこれからが、とっても楽しみです。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

※生活保護世帯等が塾等に使用できるクーポンや支援金等の対象事業者として認められているケースもございます。ケースバイケースですので、お住まいの自治体の相談窓口へご確認ください。

PAGETOP
▲ PAGETOP