自閉症の子どもとの会話・コツ | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20171212
2017.12.12 LD・ADHD・ASD

自閉症の子どもとの会話・コツ


20171212

自閉症という診断があるAちゃんの保護者様より質問がありました。

Aちゃん「○○へ行きたい!」

お母様「行こうよ!」

Aちゃん「どこへ?」

お母様「○○だよ、だって、今、Aちゃん、○○へ行きたい!って言ってたじゃない。」

こんな会話が多い、なぜなのでしょうか?どうすればよいでしょうか?とのご相談でした。

情景が浮かんできて、Aちゃんらしい、と思いました。

Aちゃんの「○○へ行きたい!」という要求に対して、お母様は「行こうよ!」と応じています。とても自然なやりとりです。

この時の「行こうよ!」の意味は「いいよ!(Aちゃんが行きたい○○へ行こうよ!)」です。

自閉症と診断されている子供たちの中には、会話の流れの中で、言葉の背景にある話し手の意図(伝えたかったこと)を汲み取ることが難しかったり、時間がとてもかかったりする子がいます。

Aちゃんは、お母様の「いいよ」という意図を、汲み取ることが難しく、「行こうよ!」という言葉を、会話の流れから切り離した状態で、字面通りに受け取って、「どこへ?」と返したのかもしれません。

※もちろん、他の背景も考えられます。

私は常々、Aちゃんのような特性がある子は、会話の中で省かれた部分についてもイメージすることに時間がかかるので、余裕があれば、会話の中で省かれやすい主語等を入れながら伝えること、意図をそのまま言葉にしてみること等をお勧めしています。

けれど、いろんなことが起こる毎日の中で、いつもいつもそのようにすることは、難しかったり、負担になったりすることもあります。

大切なことは、「?」と感じた時に、Aちゃんのように質問できること、そして、その質問に「あれ?」と感じても、お母様のようにやりとりを続けて、結果的にお互いの伝えたいことが伝わることだと思っています。

子供たちは、行きたいところへ行けると嬉しいと思います。そして、我が子の嬉しそうな表情も、保護者の皆様は嬉しいと思います。

そんな時間が増えるといいな、という願いも込めての言葉の支援です。

※ご紹介したことは1つの例です。同じ診断名でも必要な支援は一人ずつ異なりますので、通われている機関等へご相談ください。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

※生活保護世帯等が塾等に使用できるクーポンや支援金等の対象事業者として認められているケースもあります。ケースバイケースですので、お住まいの自治体の相談窓口へご確認ください。

PAGETOP
▲ PAGETOP