自分の思考をポジティブに打ち消していく練習 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20171101
2017.11.01 LD・ADHD・ASD

自分の思考をポジティブに打ち消していく練習


20171101

まちがえることがイヤでまちがえると気持ちの切り替えがききにくい

まちがえるかもしれないと判断すると取り組まないことがある

そんな特徴が、日々の中で取り組める活動が減ってしまう程にある時には、その子が楽しめそうなことの中から、自分の思考や選択の結果をポジティブに打ち消していく活動が含まれるものを用意して行きます。

あてずっぽうで決めながら進めなければならないことが含まれていたり、いくつかの条件が揃わなければ予想が当たらない確率が高い流れになっていたり・・・そんな問題、ゲーム、遊び等の中から、その子が好きな要素が含まれているものを選んで、用意して行きます。

ああかな、こうかな、ちがうかな、ちがうだろ、まあいいか、つぎこれだ、つぎはこっちだ・・・子供たちの呟きは様々ですが、誉めるポイントは「間違えても、それを認めて、考え続けて、次の手を選べたこと」です。

今日も、そんなことを続けてきたお子様の保護者の方より、少しずつ、間違えることや指摘されることに対する反応が緩やかになってきた、とのお話をうかがうことができ、嬉しかったです。

※写真のゲームはアルゴ(学研プラス)というものです。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

PAGETOP
▲ PAGETOP