一行日記のコツ | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20170722
2017.07.22 教材・ワークシート

一行日記のコツ


20170722

夏休みの宿題の中に『一行日記』が入っていることがあります。

毎年、保護者の方々より相談があります。

「はれでした、あめでした、みたいに、天気しか書かないんです。」

「どこにも行ってないから書けないって言うんです。」

「ためてしまって・・・何も思い出せないんです。」

等々です。

書き方について学校で事前に丁寧な説明がなされている場合には、それに沿うことになりますが、そうでない場合には、3日~5日ごとにテーマを変える方法をおすすめしています。

・何をして遊んだか
・昼ごはんのメニュー
・おやつ
・行った場所
・行ってみたいと思った場所
・会った人
・取り組んだ宿題
・買ったもの
・着た洋服
・見たテレビ番組
・読んだ本
・天気
・最高気温、最低気温
・驚いたこと
・嬉しかったこと
・電話やメールの相手
・お手伝い

等々

書き始めるとキリがないですが、テーマはご家庭それぞれ、その子それぞれで良いと思います。

テーマを1つに絞って40日も面白いです。自由研究のプロセスをメモのように残すことを楽しめた子もいますし、ファッションに凝っている子がコーディネートの記録に使ったケースもあります。

もし、ためてしまったら、新聞のように日付に添って大きなニュースや関心のありそうな出来事をたどるのも1つの方法ですが、保護者の方々が日常的に写真を撮っていらっしゃれば、それをもとに日々の出来事も振り返ることも1つの方法です。

この時期、宿題の進め方についてもご相談をお受けしています。

困る前に、お問い合わせくださいね。

にほんブログ村 特別支援教育

PAGETOP
▲ PAGETOP