吃音・呼吸や音の作り方へのアプローチ | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

2018.09.02 吃音・非流暢

吃音・呼吸や音の作り方へのアプローチ


吃音がある場合の支援では、環境の調整に重きが置かれることもありますが、子供の状態によっては、力の抜き方、呼吸、音の作り方を含めた音声へのアプローチも欠かせないと考えています。

特に、幼くても、ご本人からの希望がある時には、真摯に応えるべきだと考えています

方法は、子供達の状態によって様々ですが・・・

声のもとになる息の流れや音の作り方は、自分自身で、ある程度コントロール可能だということを、ご本人なりに感じて掴むことは、大切だと考えています。

自分でどうしようもできないことへの不安は高まりますが、ある程度、自分でコントロールが可能なことへの不安は軽減されることがあります。

力の抜き方、呼吸や音の作り方等を身に付けたからといって、吃音の症状が全て消えてしまうわけではありませんが、話すこと、に向き合う支えにはなっていくと考えています。

吃音や非流暢さへのアプローチについても取り上げています。

■ことばの支援者・ステップアップセミナー■

お申し込み受付中です。

ご案内:学齢期のことばの支援【話し言葉編】(PDF)

こくちーず経由でもお申し込み可能です。

こくちーず:学齢期のことばの支援【話し言葉編】

教材庫・ことばIROIROシリーズ

にほんブログ村 特別支援教育

フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。 CFCクーポン取り扱い事業者です。 cfc_logo02

※生活保護世帯等が塾等に使用できるクーポンや助成金等の対象事業者として認められているケースもございます。ケースバイケースですので、お住まいの自治体の相談窓口へ、ご確認ください。

PAGETOP
▲ PAGETOP