吃音・話す速度の調整や声の出し方 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

18-06-03-09-21-03-203_deco
2018.06.03 吃音・非流暢

吃音・話す速度の調整や声の出し方


18-06-03-09-21-03-203_deco

吃音がある子、非流暢さがある子の支援も、多方面から行っています。

環境や言語面・学習面へアプローチするだけでなく、直接、速度や声の出し方にアプローチすることも、よくあります。

何かに取り組むことで、吃音や非流暢さが、あっという間に消える、ということは、殆どありません。

ただ、自分の声は、時として、コントロール可能なものなんだ、と知ること、実際にできた、ということからくる安心感は、その子のコミュニケーション全般を支える1つの基盤になっていきます。

自分の声や話し方に、言葉では表せない不安や怖さを感じている子もいます。

得体が知れないもの、自分でコントロール不可能なものは、言葉でなくても怖さを感じることがあると思います。

それが自分の声や話し方であれば、余計に、どうしてよいか分からなくなることもあると思います。

不明確なものを明確に提示して、向き合ったり付き合ったりする基盤を整えるのことも、支援の1つとして取り組んでいます。

先日、ある子と、その子が好きなボードゲームで楽しみながら(支援室にはボードゲームもいくつかあります)、話す速度、読む速度の調整に取り組みました。

その前に、前回までに取り組んだ、呼気のコントロールやいくつかの音の出し方について復習もしていました。

ゲームそのものを楽しみ「また次もやろう!」と笑顔で伝えてきたことも嬉しかったですし、片付けながら「話しやすかった~いいね~」と自然に言葉に出てきたことも嬉しかったです。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

※生活保護世帯等が塾等に使用できるクーポンや助成金等の対象事業者として認められているケースもございます。ケースバイケースですので、お住まいの自治体の相談窓口へ、ご確認ください。

PAGETOP
▲ PAGETOP