日本LD学会第26回大会(栃木) | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20141009
2017.10.09 研修会・研究会

日本LD学会第26回大会(栃木)


20141009

学校内での望ましい言動(言うこと、やること等)を増やしていくための言語指導の例についてご紹介する機会をいただきました。

分かっていても席を立ってしまう、分かっていても喋ってしまう、傷つけようと思っていなくてもそんな行動や言葉を選んでしまう・・・等々

それらのことに対して、まだ人生10年前後の子供たちが、自分でどうにかできることは少なく、その子に合った方法を大人側が考えて、一緒にいろいろと試してみる必要があると思っています。

小集団でのSST(ソーシャルスキルトレーニング)は、よく用いられています。その方法が合う子への効果は確実にある、と考えていますし、その効果も目にしてきました。それと同じように、1対1での言語指導が、生活の中での言動に変化をもたらしていくきっかけになる子がいるのも事実です。

小集団が組めなくても(子供が少なくて組めない地域もあります)、子供の言動の変化を促すきっかけは作れる、と考えています。そして、支援者側の持ち札も多い方が良い、と思っています。今後も機会をいただきながら、少しずつ事例をご紹介していく予定です。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

PAGETOP
▲ PAGETOP