研修会・多言語環境にある子供の言語指導 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20170909
2017.09.09 言語発達

研修会・多言語環境にある子供の言語指導


20170909

先日、多言語環境にある子供たちへの支援に携わっている先生方へ、言語指導の例についてお話しする機会をいただきました。

多言語環境と一言で表現しても、その背景は一人ずつ異なります。

ただ、研修会や訪問先で必ずお伝えしていることは、母語の発達も支える、という視点です。子供たちは母語も発達途上だからです。

母語が何であれ

・その子の知的好奇心に合わせた情報を得られる言語は大切

・悩んだり相談したりして、解決に繋げていくための言語は大切

・その時々の状況判断に使うための言語は大切

と思っています。

具体的な支援については、こんな支援が良いですよ、と一言で伝えられるものはないので、言葉の4つの側面の捉え方やその支援の例を少しずつご紹介しました。

また、日本語の特徴、生活言語と学習言語等についても少しずつお伝えしました。

熱心に聞いてくださり、目の前の子供のことを思い浮かべながら質問してくださり、うれしく思いました。

多言語環境にいる子供たちへの支援は、人の行き来が多い欧米圏は、研究データもテキストも多いですが、言語そのものの構造の違いは支援に関係してきます。

日本語が絡んだ多言語環境にいる子供たちへの支援の例は、これから蓄積されていくのだと思います。

にほんブログ村 特別支援教育

教材庫・ことばIROIROシリーズ

ブログ・フリーランス・発達支援

DIVERSE・ダイバースは子供たちの多種多様な夢を応援します。
CFCクーポン取り扱い事業者です。
cfc_logo02

PAGETOP
▲ PAGETOP