好きなこと・面白いことを取り入れる理由 | ことばの発達と学習支援専門|DIVERSE-ダイバース-

DIVERSE -ダイバーズ-

BLOG

20170602
2017.06.03 LD・ADHD・ASD

好きなこと・面白いことを取り入れる理由


20170602

松浦・「どうしてこうなるの?」

お子様・「だってね、~だからね、たとえばね、これとね・・・でしょ?」

相手が何を知らないか(何を知りたいか)を踏まえて言葉を選んだり、伝わっているかどうかを確かめたりする力がつくといいな、という時は、まずは、その子が好きなこと、面白いな、と感じることを使っています。

この日は、素数ではない数を素数に分解しながら、そのプロセスを説明・・・素数のモンスターなるものも見つけ(海外で出版された本の翻訳本です)、ランドセルを背負い始めたばかりの1年生と楽しみました。

・・・・・・・・・・

支援を組み立てていく時、どの部分を促すと、その子の困り感が減っていくのか考えます。短期的にはこの部分、長期的にはこの部分、といろんな側面から考えます。

促す部分が決まったら、どのように、という方法を考えますが、その子が好きなこと、面白いと感じていることを使うことは共通しています。

その子が好きなこと、面白いと感じていることは、自然と繰り返したくなったり、活動そのものに認知的な負荷がかかりにくいことが多いからです。

・・・・・・・・・・

シルエットクイズにも使用しています。 

PAGETOP
▲ PAGETOP